2009年02月07日

オールドドメインの使い方

まったくカスなオールドドメインを買ってしまっていたようです。
ドメイン自体もダメですが使い方も完璧に間違えていました。

どうしようもないので新規ドメインを取って301でリダイレクトしてみたいと思います。

間違えていた点について
オールドドメインは古ければ良いというものではなく、古い時期にリンクをもらっていることが大事でアンカーテキストに使われている文字と作成するコンテンツが同じでなければならないこと。

もらっているリンクURLがwwwありならwwwありのまま使わないと意味がないということ。

以上の2点を間違えていたために1万円で購入したドメインをまったく無駄にしてしまいました。

唯一の救いは古いドメインから新しいドメインに301すると新しいドメインが急上昇する可能性が高いということだけですふらふら

ドメインの扱いについても長いこと勘違いしていたようです。

ドメインの信頼性やエイジングフィルタなどの件で、しっかりしたドメインが良いものだと考えたためジオシティーズやぷららなどプロバイダーが貸与してくれるスペースにサイトを作ると良いと勘違いしていました。

確かに悪くはないんですが、上位表示されにくいようです。


1キーワードに対して1ドメインを取得していたのでは費用的にもたないと考え一つのドメインの中にいろんなテーマのものを置ききっちりディレクトリに区切って使っていましたがこれも良くなさそうです。

m-pro.org/松坂牛を301で
松坂牛.jpに飛ばすなどこれまでに作っていたものを徐々に独自ドメインに変更していきたいと思います。

安いドメインなら年間980円とか630円で買えますよね。


もう一つドメインにまつわる話
ドメインテイスティングという制度があり数日間は無料で使用することが出来、要らなければ返品するという仕組みです。

この試験期間中にSEOを仕掛け上位に出るものを残しあとは捨てるようです。

ここまでは普通の使い方なんですがこの制度を悪用しテイスティングドメインを数千個単位で取得しリンクさせながらアドセンスで大金を荒稼ぎしていた人達がいたようです。

いまでは改善されテイスティングに数セントの費用を掛けるようにしたため上記の荒稼ぎは使えなくなったようです。

最近は「SEO=オールドドメイン」という考え方に傾倒していますのでもうしばらくオールドドメインについてほじくって見たいと思います。



posted by かに at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オールドドメイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事が役に立ったと思われた方は コメント欄に「や」と、
駄目だと思われた方は「だ」と入力してください。
 今後の参考にさせていただきます。

↓もう少しましなブログをお探しの方は↓
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。